ウェルネスメモ 7月

内側からのケア始めませんか? 紫外線も食事で対策!

日焼け対策はある程度していても、内側からのケアを忘れていませんか?
紫外線を浴び続けることで、体内が酸化して生じるシミ・しわ・たるみの加齢現象を「光老化」といいます。肌の老化の原因の80%は「光老化」です。夜ふかしや睡眠不足があると新しい細胞への肌の入れ替えがうまくいかずに、シミ・肌荒れの原因となります。
紫外線から肌を守り、美しく保つには、食事でしっかりとタンパク質・ビタミンを取ることが大切です。“毎日三食”を心掛けて、抗酸化力の強い食事とたっぷりの睡眠で紫外線によるダメージを抑えましょう。

肌を守る!食事と生活習慣~良い睡眠をとるために、夕食を早めに済ませるようにしましょう!~

【肌をつくるタンパク質をしっかりと】肌をつくる材料はタンパク質です。また、コラーゲンをつくり出すためにもタンパク質は欠かせません。しっかり食事で取るには、卵や大豆製品・乳製品や脂肪の少ない肉類を選ぶと良いでしょう。【肌のゴールデンタイムに睡眠を】肌は寝ている間に再生しているので、睡眠時間と何時に寝るかが大切です。夜10時~午前2時までが“肌のゴールデンタイム”といい、この時間までに眠ると美肌に効果的といわれています。
【健康クイズ】この中で一番美肌効果の高い野菜はどれ?①トマト  ②レタス  ③ブロッコリー
A.①トマト
トマトは抗酸化作用の高いビタミンACEが豊富な野菜です。特にトマトの栄養成分“リコピン”は、肌の老化を抑え・大切なコラーゲンを守る働きがあります。このリコピンは油との相性が良く、熱に強いのが特徴でオリーブオイルなどを使って加熱調理して食べると生で食べるよりも吸収が良くなります。

HEALTH HINT~食堂で健康に~

夏の食事をひと工夫!!

熱い夏に負けない体づくり
①麺類は具だくさんにし、野菜を一緒に食べて栄養バランスを整える ②カレー・唐辛子・キムチなどの辛い料理で食欲アップ! ③ネバネバ食材・あんかけ料理やスープなどの水分が多い料理でのど越しアップ!
なんかいいな、をプラスワン。Green House