ウェルネスメモ 10月

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム、通称「ロコモ」とは、骨・関節・筋肉といった体を動かす機能が衰えることにより、“介護が必要になったり、寝たきりになったりする可能性が高い状態”のことをいいます。
「ロコモ」は高齢者に多くみられますが、若くても“昔と比べて歩く速さが遅くなった”など、体力低下の自覚がある方は、今から注意が必要です。
いつまでも自分の足で歩き、イキイキとした生活を送るために、日常的に体を動かし、メタボや痩せ過ぎにならないように食事にも気をつけましょう!

7項目のロコモ度チェック まずは“ロコモ度チェック”で体の状況や変化を把握しよう!

7項目のロコモ度チェック 一つでも当てはまる項目がある方は、「ロコモ」の可能性あり!?今から予防が必要です!!
【健康クイズ】カルシウムの吸収を助ける栄養素はどれでしょう? ① ビタミンB1 ② 亜鉛 ③ ビタミンD
A.③ビタミンD
ビタミンDには腸でのカルシウムの吸収を高める働きがあります。
日光を浴びることで私たちの皮膚でも合成できますが、不足しないように食事から十分取るようにしましょう。
また、カルシウムの吸収を妨げる習慣にも気をつけましょう。
【ビタミンDを多く含む食品】・・・きのこ類、鮭 【カルシウムの吸収を妨げる習慣】・・・飲酒、喫煙、栄養の偏り

HEALTH HINT~食堂で健康に~

ロコモ対策に食事でカルシウム、食前・食後にひと運動

【食事で】カルシウムを多く含む食材を使った料理を選びましょう。例)魚介類・乳製品・海藻類

【食前・食後】いつもより少し体を動かす機会を増やしましょう。例)階段利用・散歩・エクササイズ

なんかいいな、をプラスワン。Green House