ウェルネスメモ 12月

お肌のため…だけではありません。コラーゲンで丈夫な体に!

美肌のキーワードとして知られる“コラーゲン”。実は体全体を形作るモトとなる成分なのです!
肌だけでなく骨・腱など、強い力のかかる部分にも存在し、体全体を支えたり、爪や髪を丈夫にする働きなどがあります。「コラーゲンを摂取しても意味がない」 という意見もありますが、最近の研究では『効果的に取ることで体内のコラーゲン合成を促進する』という結果が発表されています!
美肌のためだけではなく、健康な体づくりのためにも、毎日の生活の中で上手にコラーゲンを取り入れたいですね。

【コラーゲンを多く含む食品】肉の筋や軟骨の他、赤みの多い固い肉・皮が厚い魚に多く含まれます
【コラーゲンの吸収・合成を阻害する栄養素】①脂質・・・コラーゲンを合成するホルモンが減少してしまう ②糖質・・・高血糖の状態が続くと、コラーゲンが異常たんぱく質に変化し、うまく作用しなくなる
【健康クイズ】コラーゲンの吸収や合成を阻害する食品は次のうちどれ? ①ドーナツ、揚げパン ②いちご、レモン ③サケ
A.①ドーナツ、揚げパン
ドーナツなど油で揚げた食品には、コラーゲンの吸収や働きを阻害する脂質や糖質が多く含まれています。さらにこれらは高カロリーなので、食べ過ぎには気を付けましょう。
②のいちごやレモンなどの果物類、③のサケなどの魚介類には、コラーゲンの吸収を助けるビタミン類、たんぱく質が多く含まれるので、コラーゲンと一緒に取ってほしい食品です。

HEALTH HINT~食堂で健康に~

コラーゲンと一緒に食べよう!

コラーゲンを効果的に摂取して美肌・健康な体づくりを!
なんかいいな、をプラスワン。Green House