ウェルネスメモ 2月

ニッポンを歩く!

歩いてみたい!ニッポンの名所 北海道編

さっぽろ雪まつりは、1950年に地元の中・高生が6つの雪像を大通公園に設置したことをきっかけにはじまりました。
雪像に使われる雪は不純物のない純白なものが使われ、積雪が少ないときは中山峠や千歳市などまで行って運ぶことも。運ばれた雪は重機で高く積んで押し固められ巨大な雪のブロックが作られます。スコップなどで荒削りして大体の形が作られ、さらに細かく削って細部を作り、最後に「雪化粧」と呼ばれる新雪を張り付けて完成させます。
どんとそびえ立つ雪像は圧巻。真っ白な雪の街を歩いて冬を堪能してみませんか?

【地図】北海道(札幌市)
【写真】美瑛の丘
新名所
美瑛の丘
美瑛の風景を代表する景勝スポット。
たばこの「セブンスター」のパッケージにも登場した、1本のカシワの木が広大な畑の中にポツンと立つ風景は、いかにも北海道らしい。
やってみよう!プチ消費カロリーUP術・・・階段上りは歩きに比べて消費カロリー3.5倍!
【ご当地料理】北海道のうまいもん 豚丼 うまい話・・・帯広の豚丼は、厚い豚ロース肉を炭火などで焼き、甘辛いタレで味付けしたものをご飯の上にのせた十勝地方、帯広発祥の料理。「豚とひとつ鍋」と開拓のころからいわれがあるように十勝と豚との付き合いは長く、生活に欠くことができない存在です。帯広には多くの豚丼専門店があり、『豚丼マップ』があるほど。
なんかいいな、をプラスワン。Green House