profile

プロフィール

B&I事業、ヘルスケア事業の営業部、開発部を経験。ベストプラクティス賞をはじめとする数々の実績を残し、現在は中部エリアの経営管理を担っている。

  • 食業界へ飛び込んだのは、経営理念に強く感銘を受けたから。

    アルバイトでも経験のなかった食業界に飛び込んだ理由は、経営理念に強く感銘を受けたからです。社是「人に喜ばれてこそ会社は発展する」。そしてグリーン運動「良い食事を作って、心からお客様を歓迎しよう、感謝の気持ちを忘れずに、謙虚な心を失わず、なくてはならない人になろう」。これを実践できる人になりたいと思い、入社を決めました。入社後はB&I事業 営業部として、大手電機メーカーと大手IT企業の社員食堂を経験し、食業界の基本業務からマネジメントまで学びました。

  • ヘルスケア事業に挑戦しキャリアを広げる。

    入社3年目、「今後はヘルスケアが伸びるのでは」という思いから、ヘルスケア事業から出たFA制度(社内公募)を活用し、開発部へ異動しました。社会の流れによって大きく変化するビジネス環境にもまれながらも、クライアントごとに異なる課題、悩みにアプローチを変化させていましたね。毎回変化させるのは大変ではありますが、その分やりがいも大きく、充実感に繋がっていました。
    アシスタントマネージャーとしてメンバーを育成しながら、5億円など常に目標の2倍、3倍の結果を実らせることで、2012年には社内で一番大きな表彰である「ベストプラクティス賞」も受賞しました。入社前から必ず受賞したいと強く心に決めていた賞だったので、悲願の達成です(笑)。
    その後、ヘルスケア事業の営業部 部長として、複数の営業所の売り上げを大きく伸ばしました。

  • 支社長として、すべての人に喜ばれる経営をしたい。

    B&I事業、ヘルスケア事業、営業部と開発部を網羅的に経験したことが、今の「支社長代理」という役職に大きく活かされていると感じます。このポジションは、中部エリアの社長とほぼ同等に業務遂行できるという役職にも当たります。会社全体の人事面、研修面、給与面などを主体的にコントロールできることにやりがいを感じていますが、まだまだグリーンハウスには、挑戦していけるチャンスがたくさんあるとも思っています。今後は、従業員にも喜ばれる会社を目指し、積極的に会社体制を改革させていきたいと考えています。