profile

プロフィール

新潟県内の大学を卒業。就活では食品メーカーを中心にアパレル業界にもアプローチ。仮配属ではヘルスケア事業、B&I事業の営業部を経験し、本配属では経理部に配属。中国九州エリアを中心に約170にのぼる営業所の経理を管理している。

  • 会社も配属も、偶然の出会いでした。

    もともと食べることが大好きで、大学では商品開発を学んでいたこともあり、食品メーカーを中心に就職活動を行っていました。
    グリーンハウスとの出会いは、実は東京で行われる音楽ライブのついでに参加したインターンシップでした。ほんの軽い気持ちで参加したつもりでしたが、当日にお会いした社員の温かさに触れ、その場で本選考に参加することを決めました。なかなか入社の決心をつけられない時期もありましたが、社員座談会や営業所見学に参加して「ここなら、様々な仕事に挑戦できる」という実感を持ったことが、最終的な決め手です。
    入社後は特別養護老人ホームと社員食堂の営業部で仮配属を経験し、経理部に本配属となりました。着任直後は、仕事に対して漠然とした不安を持っていましたが、金銭の管理を通じて組織を支えるという役割に魅力を感じ、今ではとてもやりがいを感じています。

  • 仕事を通して見つけた、自分の新たな一面。

    経理部は、数字を通じて組織の健全な運営を支える役割を担います。部署内で担当は分かれますが、私は営業所や子会社の金銭管理を担当しており、毎日の売上金の確認や支払業務を管理します。それ以外に、監査法人と新しい会計基準に関する協議をしたり、外部機関へ業績説明をしたり外部研修の定期勉強会に参加することもあります。
    入社前は自分のアイディアを形にする仕事がしたいと思っていましたが、営業所や子会社の成績表をみて各科目の数字が表す経営状態について論理的に考えることがとても楽しく、経理部の仕事を通じて自分の新たな適性を見つける事ができました。グリーンハウスでは、CDP制度や人事との定期面談で希望する事業や仕事内容をアピールすることができるので、経理部での経験を活かしてキャリアを広げていきたいと思っています。

  • 後輩に「先輩のように働きたい」と言われる道しるべになりたい。

    将来は、経理部で得たスキルを基盤に大学時代に学んだ商品開発の知識を組み合わせ、様々なフィールドで新しい価値を創造しキャリアアップしていきたいです。どんな部署でも経理部と繋がりをもつため、今の経験を必ず活かせると思っています。ただ、プライベートとの両立も大切にしたいので、どの役職になってもメリハリをつけて働いていたいですね。積極的に新しいことに挑戦しながらもプライベートも充実させることで、後輩から『先輩のように働きたい』と思ってもらえる存在になりたいです。