profile

プロフィール

熊本県出身、福岡県内の大学を卒業。ICT業界を中心に幅広く就活していたが、最終的には「自分を必要としてくれる会社に入社したい」と思い、グリーンハウスに入社。

  • 決め手は「自分を必要としてくれる」と感じたから。

    はじめてグリーンハウスと出会ったのは、福岡で行われたビジネスゲームを行う就活イベントでした。そこで採用を統括する部長に声をかけられ、個別で事業説明をしていただきました。事業内容への興味はもちろんですが、それよりも興味をひかれたのは「献身的な社是の精神」「採用担当の人当たりの良さからにじみ出る社風がトップクラスで良かったこと」です。どんな質問をしても常に柔らかく受け答えしてくださったので、社是が社員に浸透していると実感できました。
    就活終盤の時期、実はICT系の企業とグリーンハウスで内定をいただき、とても悩みました。それでも最後にグリーンハウスに入社を決めたのは、懇親会や社内セミナーで経営層や先輩社員と多く出会い、人柄の良さを再確認できたことと、採用担当から熱い期待の言葉を多くいただき、「自分を一番必要としてくれる会社で働こう」と思ったからです。今でもこの選択は正しかったと思っています。

  • 支社長の抜擢で開発部に異動。その期待に応えたい思いで駆け抜けた日々。

    仮配属では、B&I事業と学校給食事業の営業部を経験。その後、毎日15,000食を提供する、福岡市内の大規模な給食センター(学校給食事業 営業部)に本配属となりました。担当していた調理セクションの業務を通じ児童の成長を支えられるのは、とてもやりがいに感じていましたね。
    1年目の終わりの頃、西日本エリアを統括する支社長から「開発部にチャレンジしてみないか」とオファーをいただき、B&I事業と学校給食事業を兼ねた九州全域を担当する開発部の一員として着任しました。開発本部長から営業活動の戦略を教わりながら、最初の1年間は九州全域の自治体 約200カ所に訪問。まずはクライアントリレーションを構築しました。2年目は契約実績を上げられない悔しい時期でしたが、3年目はコンペティションに多く参加し、複数の契約を獲得できました。自分でも、かなり頑張った結果だと自負していますが、支えてくれる先輩や信頼する仲間の期待に応えたい一心で駆け抜けてきました。周りの皆さんに「契約内定しました!」と報告すると、いつも自分のことのように喜んでくれるので、それが仕事のやりがいに感じる瞬間です。

  • 「全国、全事業のなかで誰よりも実績をあげる」それが地元への恩返しになると信じて。

    学校給食事業は、その地域で育つ子供たちの健やかな成長を支えるビジネスです。グリーンハウスは衛生管理に独自の基準を設けているため、「美味しい」はもちろん、安心安全な給食提供に「こだわり」を持っています。その誇りある事業を広める開発部として会社や地元に貢献することは、私なりの恩返しになると思っています。
    そのために、全国・全事業の開発部員のなかでは、担当する案件数を1番多くキープするよう心掛けています。さらに商談本番ではニーズの深い真意を掴むために、毎回、入念に準備をしたうえで臨むようにしています。地元への貢献が、会社への貢献にも結び付くと信じて。いつかコンペティションの勝率を100%にし、当社ではまだ小規模な西日本エリアに、九州地区として組織が成り立つように売り上げを拡大する、その第一人者として先頭を走っていきたいです。