profile

プロフィール

入社後は、B&I営業部でホールマネージャーやエリアマネージャーを経験。現在は商品本部ロジスティック担当として営業所運営の中枢を担っている。

  • 食を通じて社会問題を解決したかった。

    大学で食の社会問題を学んでいた経験からグリーンハウスの食を通じて人を喜ばせるという念い(おもい)に共感し、興味を持ちました。というのもゼミでは孤食問題について、地域の方々や大学の仲間などチームを組んで活動をしており、様々な意見の人と共同で問題に取り組むことがとてもやりがいに感じていました。この経験から、共通の目的のために時には意見をぶつけ合いながら、社会問題を解決できる企業で働きたいと思い始めました。グリーンハウスの先輩社員とお話しした際に、人に喜ばれるという強い念いのために活発に意見交換を行っていると伺い、この会社で働きたいと強く感じました。

  • 物流管理の立場から、働く環境そして地球環境を改善しています。

    ロジスティック担当は、約3,335種類もの食品をセンターエリアの営業所に届ける配送管理を担っており、私は約1000ヵ所の営業所を担当しています。業務で意識していることは、効率的かつ確実な運搬を実現するため、様々な視点に立って働くことです。営業所のスタッフ、配送を行うドライバー、そして地球環境の負荷などあらゆる視点に立って業務にあたることで、日々の業務が人や社会への貢献に繋がると思います。その取り組みのひとつが「物流のDX化」です。展示会で商談した最新のAIシステムを導入し、ドライバーや地球環境に負担をかけないルートを現在考案中です。食材を安全かつ確実に届けられることを第一に、日々進歩するITを積極的に取り入れ、社会問題や地球環境の改善に貢献していきたいです。

  • よりよい未来を自分の手で切り拓きたい。

    生活の基盤を支える「食」や「物流」は今後も必要とされる業界です。だからこそ変化に対応し、常に改善していく必要があると思っています。具体的には、今取り組んでいるDX推進を更に加速させたいです。社内外の人とイノベーションを起こしていくことで、食と物流業界の未来を創り上げたいです。そのためには単に業務を効率化することを目的とせず、まずは当社の社是にもある「人に喜ばれる」ことを念頭においてDX化を行うべきだと強く思っています。