健康に関するさまざまな情報は知っていても、忙しい毎日の中でそれを活用することは難しいですよね?
ここでは身近なところから実践できる方法をクイズや具体例でご紹介します!

味噌汁(汁)→キャベツ→漬物→お浸し→とんかつ→ごはんの順。
血糖値の急上昇を防ぐには野菜や汁物から、次にタンパク質のおかず、最後にごはんが基本です!

麺類や丼を食べる時の順番は?

<麺類の場合>

野菜やタンパク質が少ない麺類は、血糖値の急上昇を防ぐには難しいメニュー。どうしても食べたい時には、
ラーメンに野菜や味付け玉子をトッピングしたり、うどんにサラダや竹輪天などを追加してみましょう!

<丼の場合>

『タンパク質+炭水化物』の組み合わせが多い丼ものは、汁物やサラダを追加して食べる順番を守りましょう。汁物はけんちん汁やミネストローネなど具だくさんのものにするのがポイントです

ヘルスリテラシーとは、健康に関する情報を調べ、
その中から正しいものを取得し、理解し、自分で決定し、効果的に利用する能力のこと。
ヘルスリテラシーを高めることにより、自分のココロとカラダの健康は
自分でつくることができるようになります。